ヤンキー、暴走族、チーマーなんてみんなクズ。全員この世から消えていなくなればいいのに。

義家弘介、宇梶剛士、綾小路翔、佐々木希、ヒロミ、工藤静香・・・

私はヤンキーが大嫌いです。
それを吹聴するヤツも、大嫌いです。

かつてヤンキーだったヤツも大嫌いです。

ヤンキーだったのに更正して、今はいい人になってる。

なんていうことが美談になっちゃうことがあるけれど、そもそもいい人で今もいい人の方が圧倒的にいい人です。

更正して、政治家になってどうだとか、役者としてどうだとか、タレントとしてどうだとか、関係ありません。
一度ヤンキーの道を進んだヤツは、必ず真面目な人の生活を踏みにじってきています。

人がいやがることし放題、傷つけることし放題の、最低な奴ら。
なんでヤンキーになったのかとていうと、例えば家の事情で、貧乏だったり、親がろくでなしだったりする。
例えば周りの影響を受けたからだという。中には裕福だけど遊びでぐれていたり、わけなくぐれていたり、カッコイイからといってぐれる奴もいる。

全部自己責任。ただのバカじゃん。

周りにヤンキーがいる環境にしか、自分の身を置くことができなかった自分の所為。
そんな環境でも真面目に生きようとしている人はたくさんいます。
そんな真面目な人を踏みにじるのがヤンキーの習性。
本当にクズです。

つっぱらかるのをカッコイイと勘違いして、真面目な人をカッコ悪いとなじる。
せめて関わってこなければいいのに、バカのくせに、真面目であることをバカにしてくる。

私の通っていた中学は、当時名の知れたヤンキー中。
私の学年は比較的おとなしかったけれど、上と下の学年はめちゃくちゃ。
ろくなもんじゃなかった。隣の学校が殴り込みに来て授業が中止になったり、廊下でツバかけられたり、少年院帰りにケンカ売られたり、荒れ放題でさんざんな目に遭いました。

そう言う奴らが我が物顔で、学校を闊歩してる。
先生たちは、そういうヤツには甘いのに、普通にしているヤツが、ちょっと髪が伸びたりしただけで、モミアゲ掴んで引きずり回す。

その中学はサッカーが強くて有名だったのだけれど、サッカー部はヤンキーの巣窟。相手の学校のキーパーを脅して点を取っていた。
それでも顧問の先生は名声を得て、学校内でエラそうにしている。
サッカー部のヤンキーたちも、憧れのまなざしで見られてる。
その中の一人が浦和レッズの監督になっちゃったのですが、そんなスポーツも私は大嫌いです。

ちなみに監督になった人は、ヤンキーじゃなくて、真面目にサッカーやっていました。

その影で、勉強しているのをじゃまされ、学校内で因縁をふっかけられ、肩身の狭い思いをしている、真面目な学生たち。

中学なんて大嫌いでした。

どんな理由があるにせよ、ヤンキーは真面目な人に迷惑をかける存在でしかありません。
そして、どんなに更生したところで、お前の所為で暗黒の学生時代だったよ、って思っている人がたくさんいるということを忘れてはいけない。

更正したのはお前の勝手。知ったこっちゃない。

でも、お前の所為で楽しい学生生活を送れなかったという事実は、どうやったって取り戻せない。

真面目に、平和に学生生活を送りたいと思っている学生たちの思いを踏みにじり、我が物顔でグレていたヤンキーと呼ばれる人種を、私は一生許すことはありません。

更正したこと自体は、とっても素晴らしいことだと思います。その後の人生も否定するわけではありません。

 

でも、更正したことを売り物にしているヤツ。
それを、褒め称えるメディア。

ヤンチャとかいうカワイイ言葉でオブラードに包んでいますが、でも性根はクソ野郎。

本当に反吐が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です