車椅子アスリート・土田和歌子さんの凄さ。20年以上第一線で活躍。

女性のトップアスリートといえば、オリンピック5大会連続出場の谷亮子や、3連覇を果たした吉田沙保里の名前が上がりますが、夏季で5大会連続、冬季と合わせて8回のオリンピック代表出場、現・世界記録保持者という、2人に匹敵するとも劣らない、ものすごい記録を持った女性アスリートがいます。

彼女の名は土田和歌子さん。

高校2年生の時に、友人とドライブ中、交通事故にあって車いす生活に。
その後、アイススレッジスピードレースの講習会の参加したことがきっかけで、アルリートの道へ進みます。

1998年 長野冬季パラリンピック:アイススレッジスピードレース/100m・500mで銀メダル、1000m・1500mで金メダル

2000年 シドニーパラリンピックの車いすマラソン 銅メダル

2004年 アテネパラリンピック:車いす陸上競技/5000mで金メダル、フルマラソンで銀メダル

2007~2011年 ボストンマラソン車いすの部 5連覇

2008年 北京パラリンピック 5000mレース中にアクシデントによる怪我で棄権。当時テレビのニュースで知った時は、このまま引退されてしまうのかと思っていましたが、その後も現役を続行。

2010年 ロンドンマラソン 優勝

2010年 ベルリンマラソン 優勝

2012年 ロンドンパラリンピックでは日本選手団主将として出場していますが、転倒の影響で5位に終わっています。

2013年には、12年ぶりに自身の持つ女子選手のマラソン世界記録を更新。

そして2016年、リオデジャネイロパラリンピックの代表を手にしています。

実は私、大手通信系企業が発行している情報誌の特集記事執筆のため、土田和歌子さんにインタビューをさせていただいたことがあります。
町田市立野津田公園で、練習の合間にお話を伺ったのですが、当時は橋本聖子が立ち上げた会社でプロのアスリートとして活動していて、ご結婚されたたばかりの頃。公私ともに充実されていて、とてもキラキラと輝いていたのを覚えています。

それから10年以上が経っているのに、衰えるどころか進化している。すごいです。

リオで、悲願のマラソン種目金メダル獲得を目指す彼女の活躍に、ぜひ注目してください。