座間は殺人事件の街じゃない。日産、ひまわり、イオンモールまで、座間のいいところ再発見。

座間9遺体遺棄事件も、いよいよ殺人事件へと進展し、新たな事実が明るみになるにつれ、異常性は増すばかり。

瞬く間に座間はトレンドワードとなり、日本一の猟奇的な事件が起きた街として、犯罪史にその名を残すことになってしまいました。

私は生まれも育ちも横浜です。

座間に比べたら繁華街は多いし治安の悪いエリアもいっぱい。
横浜浮浪者襲撃殺人事件、横浜港バラバラ殺人事件、坂本堤弁護士一家殺害事件等々、世間を賑わす事件もたくさんありましたが、横浜のイメージを損ねることはありませんでした。

世田谷一家殺害事件、津山三十人殺し、附属池田小事件、神戸連続児童殺傷事件、秋葉原無差別殺傷事件・・・事件が起こった場所が事件名になっているものも多々ありますが、今回の座間の事件は、過去の事件の異常性をはるかに凌駕して、座間のイメージを著しく損なっています。

“座間”でググると、事件のことばかり。

ですが日常の買い物には困らないし、町田・海老名もすぐ近く。新宿・横浜も1時間圏内。車なら246や圏央道にもアクセス楽々です。環境は、自然が多く、静かでのどか。ちょっと飛行機の騒音は気になりますが。
子供を育てるには、なかなか良い条件が揃った町だと思っています。

そんな座間を少しでもイメージアップできるように、座間のいいところを紹介したいと思います。

キャンプ座間

座間といえば、思い浮かぶのは米軍キャンプのある街。
その敷地の2/3は相模原市なのですが、正門は座間市にあります。
米軍キャンプというと、飛行機やヘリコプターの騒音がうるさかったり、米兵のせいで治安が悪くなったり、テロに狙われやすかったり、マイナスイメージしか思い浮かびませんよね。
確かにヘリコプターの騒音や米兵絡みのトラブルは、ないこともありません。ですが、飛行機の騒音は、すぐそばの厚木基地から離着陸している戦闘機のせい。
うるさいエリアも多いのですが、逆に米軍キャンプのそばは、あんまり騒音に悩まされることはありません。
たまに反戦デモに出くわすこともありますが、米軍キャンプの前は人通りがほとんど無いので、誰も見向きもしていません。

そんなキャンプ座間ですが、年に数回、一般開放しています。

毎年レギュラーで開催されているのが「桜まつり」「アメリカ独立記念日」「日米親善盆踊り大会」。
さらに最近では「オクトーバーフェスト」や「ミュージック・フレンドシップ・フェスティバル」といった新しいイベントも行われるようになっています。

過去には新日本プロレスも、キャンプ座間の体育館に来たことがあります。
一般席は入場無料。棚橋とターガーマスクからサインをもらっちゃいました。

9.11のテロ以降、「アメリカ独立記念日」の一般開放はずっと中止だったのですが、最近再開されました。
入場時には、かばんのチェック、ボディチェック、身分証の提示まで、テロ以前に比べるとかなり厳しいチェックが必要になっています。

イベント時のキャンプ内では、移動遊園地から米兵とそのファミリーによるバーベキューやハンバーガーといった飲食店の出店、フリーマーケット・バザー等物品の販売まで、日本にいながらアメリカ気分を満喫できます。

フードコートでは、日本人向けになっていない、アメリカンなジャンクフードが楽しめます。
中でも一番人気はアンソニーピザ。日本のピザの方が絶対に美味しいのですが、なぜかキャンプで食べるとものすごく美味しく思えてしまいます。
バーガーキングも入っていて、日本を撤退していた時も、ここに来ればワッパーを食べることができました。日本のワッパーより、ちょっとトマトがぐちゃぐちゃでしたけど。

イベントの締めは、我が家からも見ることができる花火。
30分くらい上がり続けているので、1日だけしか開催されないローカルなイベントのわりには、かなり見ごたえがあります。

キャンプ座間の開放は、毎回行列ができる、人気のイベントです。

日産ヘリテージコレクション

座間とは来ても切り離せないのが日産。かつては日産自動車の企業城下町でしたが、座間工場の閉鎖後は、すっかり落ちぶれてしまいました。
しかも日産自動車自体、無資格検査という不祥事によって絶賛斜陽中。

そんな日産の栄枯盛衰を見ることができるのが、日産ヘリテージコレクションです。
日産自動車が生み出してきたクルマの中でも、1930年代の生産車から歴代のレースカーまで、日産の歴史を物語る総勢約400台の記念車を所蔵し、約300台が展示されています。

交通アクセスが悪いのが難点ですが、歴代のスカイラインからフェアレディZ、ダットサン、Cカーまで、クルマ好きにはたまらない施設となっています。

見学予約はこちらから

座間の大凧まつり

かながわまつり50選、国の選択無形民族文化財に選定。
百畳敷き、重さ約1トンの大凧を揚げるという、200年以上の歴史を持った伝統行事で、毎年5月4・5日、相模川河川敷の相模川グラウンドで開催されています。

この大凧ですが、風が弱すぎても、強すぎても、うまく上がりません。
中途半端に上がっても、そのまま落下すると、どこかしら壊れてしまい、修理して再トライするのにものすごく時間がかかります。
というわけで、我が家から会場まで徒歩15分くらいなので、何度か見に行ったのですが、ちゃんと揚がったところを見ることができず、行くのをやめてしまいました。

とはいっても楽しみは、大凧揚げよりも、テキ屋やフリーマーケット。お好み焼きややこ焼きを食べながら、河原でのんびり過ごす一日もいいものです。

両日とも、相模川に架かる座架依橋は大混雑、我が家の近隣の道路も、幹線道路ではないにもかかわらず大渋滞という、地元民にはちょっと迷惑ですが、座間で一番のにぎわいを見せるおまつりです。

ひまわりまつり

座間のもう一つのお祭り、ひまわりまつり。
栗原会場では10万本、座間会場では45万本の、座間市の花「ひまわり」が咲き誇ります。

自分の背丈よりも高いひまわりに覆われたひまわり畑は圧巻。
夏の、ほんの一瞬だけ、インスタ映えの最強スポットが座間市に登場します。

大型商業施設

郊外ということで、大型商業施設も揃っています。

コストコ座間店は、言わずと知れた大型会員制の倉庫型店舗。
週末にはコストコ渋滞ができるほどの激安人気店です。

また、2018年春には、神奈川県道50号線沿いの日産自動車座間工場跡地にイオンモール座間が開業します。
敷地面積約58,000㎡、延床面積約112,000㎡、総賃貸面積約50,000㎡。神奈川県内最大。
「SMART“ZAMA LIFE”WITH AEON」という開発コンセプトをもとに、新しいライフスタイルを提案していくということです。
・出展予定店舗
ローストビーフ星(ローストビーフ丼)
炙り牛たん 万(牛タン)
ぎをん椿庵(イタリアン)
かつ泉(とんかつ)
三田製麺所(つけ麺)
横濱一品香(タンメン)
しいの わっぱや(わっぱめし)
Jump(精肉)
LOVE SWEETS ANTIQUE(ケーキ・スイーツ)
カルディ(輸入食品・コーヒー)
As-meエステール(ジュエリー)
ハピネス(ブランドバッグ・ジュエリー)
ハミルトンエッセンス(セレクトショップ)
SM2 keittio(レディスファッション)
メガネのアイガン(メガネ)
プティマイン/ラブトキシック(子供服)
F PREMIUM-PLAZA(医療器具)
MUSIC SHOP BIG(CD・DVD) 他

さらに、ららぽーと海老名、ビナウォーク、大和オークシティといった大型商業施設も近隣に揃い、買い物便利な町に発展しています。

他にもいいところいっぱい

週末は、緑いっぱいの谷戸山公園で森林浴。

水も豊かで、いたるところ湧き水が湧いていて、市内の水道水の86%は地下水を利用。

ハーモニーホール座間ではビッグアーティストのコンサートが楽しめ、市の規模にしては立派すぎる屋内スポーツ施設、スカイアリーナ座間(座間市立市民体育館)も利用可能。

キャンプ座間の返還地には座間総合病院が建てられ、幼稚園・保育園・小・中・高校まで、教育施設も揃っている。

土地が安いので、所得が低くても戸建に住める。

さらに10年後には、相模線1本でアクセスできる橋本駅に、リニア中央新幹線の駅が設置予定。

座間警察前にあるピアゴ座間が一時閉店。いよいよ座間にもドンキホーテ開店か。

と、いいところいっぱい、まだまだこれから発展する町、座間。

イメージ回復のために、まずは来年のゆるキャラグランプリで、2016年以降出馬をやめてしまった「ざまりん(2015年26位)」の再出馬を期待したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です