うつ病はコピーライター最後の逃げ道。今すぐ転職を考えよう。

27年前、広告プロダクションに就職した頃、広告制作の現場は完全な虎の穴状態でした。
いつ終わるかもわからないアイデア出しと、今日中に終わらせなければいけない制作に追われ、24時間365日休むことなく広告のことだけを考え続けていました。
しかも今のブラック企業なんて、カワイく見えるほどブラックな業界。

ちょっと前に電通が問題になりましたが、アレがデフォルト。
でも電通社員なら、あっという間に年収一千万円を超えて、お金とステイタスで困ることはありません。
なにを甘えているんだろうとしか思えない。
下請けはもっとひどい状況で仕事をさせられている上に、いつつぶれるかも分からない弱小企業ばかり。
給料は微々たるもので、残業代も出ない。契約社員なので、文句をいうと翌年契約更新してもらえない。
それでもガマンして仕事をしているのは、大手クライアントの仕事に携われる、その一点だけです。

ちなみに私が27歳の時、月に残業が160時間を超えたことがあります。
それでも給料は、年俸300万円、月額税込25万円、ボーナスなし、残業代なしでした。

実はそれも建前で、実際には大手代理店のディレクターの指示通りにつくるだけ。
自分の作品として、世に出ることはありません。

仕事に追われ、収入も少なく、睡眠も休みもままならぬ状態が、延々と続くのです。

私の同期のコピーライターは、円形脱毛症になって辞めてしまいました。
デザイナーは仕事中に倒れ、救急車で運ばれ、職場に帰ってくることはありませんでした。
先輩のコピーライターは、ウツになって田舎に帰ってしまいました。
顔面神経痛になったコピーライターもいます。

それでも辞めずに続けていた人だけが、コピーライター、デザイナーとして生き残っていける、という暗黒時代でした。

今でも大手広告代理店関連の会社ほど、その名残はありますが。

ところが最近、腕も経験値も高く、50歳過ぎまで生き残ってきたコピーライターが、うつ病で辞めていきました。

年齢を重ねると、昔ちゃちゃっと書けていたコピーが、なかなか書けなくなってきます。
特に視力の低下とともに集中力が持たなくなって、長文を書くこともキツくなってきます。

ところが最近、つぶれかけの印刷屋のダンピングによって制作費がどんどん下がっていき、仕事の件数をこなさないと稼げなくなってしまいました。

そのコピーライターも、取材から記事を起こす仕事や、100ページを超える学校案内といったボリュームがある仕事が重なり、いっぱいいっぱいになってしまったようで、途中から様子が変わってしまいます。

取材先に遅刻したことを新人の営業のせいにしたり、仕事の管理をまったくしていなかったり、コピーライターにあるまじき、ビックリするほど下手くそな文章を書いてきたり。
自分よりも年上なのですが、あまりにひどかったので、ちゃんと仕事をしろと、ぶち切れてしまいました。

するとその3日後に、怒られたからうつになった、労災を認めろといってきました。
その後、うつの診断書の写しを送ってきたのですが、さすがに一日でうつになるわけがなく、3か月くらい前から無理な仕事をさせられていたという理由に置き換えられていました。
その後、完全に頭が狂っているとしか思えない、八つ当たり的ないいがかりをつけはじめ、結局辞めていくことになります。

はじめはさすがに、うつ病で頭がおかしくなったのかと思っていたのですが、調べれば調べるほど、うつなんて、病ではありません。

すべては自称。

できない仕事を与えられたときの逃げ場所でしかありません。
辞めていったコピーライターも、50歳を過ぎて落ちていくコピーライターとしての腕と、自分のプライドのバランスが取れなくなって、気持ちの行き場がなくなってしまっただけ。

誰だって、うつになるわけです。

私は20年前に、母がガン死んで以来、ずっと心の底から笑えませんが、これを「うつ」といってしまったら、生きていけません。

高校の友人も、うつ病を患っています。

銀行を辞めて公務員になったのですが、そういうルートを辿る人に、「うつ」って多いそうです。

就職して社会人になっても企業風土に対応できず、安定した公務員に逃げていく。
といっても公務員だって楽な仕事ではなく、結局「うつ」になってしまう。

「うつ」とは病ではなく、ただ心が弱っているだけ。

向いていない仕事を辞めるとか、気持ちを切り替えるために生活を切り替えるとか、原因となる心のつっかえを取り除き、まわりの愛情に支えてもらうしか治す方法はありません。

では、自称うつ病の人の病状が悪化して、まともなコミュニケーションが取れなくなったり、体調にまで悪影響をおよぼすまでに深刻化していくのはなぜか。

答えは簡単。

医者が処方する抗うつ剤のせい。

飲むとハイになる抗うつ剤は、ほとんど麻薬と一緒。

そんな抗うつ剤を飲み続けると、そううつ病に昇格します。

そうなるとさらに投薬が必要になって、病は薬によってどんどん進行し、さらに薬が追加される。
病院や薬局にとって、お得意様のできあがり。

うつの人が、病院に通い始めた途端、みるみるうちに情緒不安定になっていくのは、病が進行したからではなく、薬の副作用によるものです。

うつ病を患っている高校の友人も、薬を飲みはじめ、「そう」状態の時にSNSで傍若無人なメッセージを送りまくり、まわりからの信頼を失ってしまいました。

うつを治すためには、まわりからの愛情が一番大切なのに。

というわけで、コピーライターがうつになる原因は、コピーライターという仕事。

コピーライターをやってうつになった人は、適性がなかっただけ。
治す方法は、コピーライターを辞めること。
薬に頼ると頭がおかしくなるのは、前出のコピーライターのとおり。

どんな仕事にも、持って生まれた適性があります。
努力と根性だけで越えられない壁なんて、うんざりするほどあるわけです。
ところが文章が苦手だったり、考え続けるのがしんどかったり、机にじっと座っていられないくせに、広告が好きだということでコピーライターになっちゃった人って結構います。
それで毎日、締め切りに追われてコピーを書き続けていたら、頭おかしくなります。
そうでなくても、言葉をひねり出す作業は、常にプレッシャー&ストレスとの戦い。

「うつかなぁ」と思っても、精神病院なんて絶対にいってはいけません。

さらに壊れてしまうだけ。

今の仕事をさっさと辞めて、自分に合った仕事を探しましょう。

「もう二度とこんなになりたくないというあなたに」

【第二新卒エージェントneo】

宣伝会議グループ 広告・Web・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です