ネット印刷会社は、印刷物を大切にしているのだろうか。広告制作の現場から。

ウェーブ、ラクスル、グラフィック、プリントパック・・・

紙媒体をメインとした広告代理店でクリエイティブディレクターとして仕事をしているのですが、最近の印刷の主流はネット印刷会社へと、どんどんシフトしています。

そもそもどこの印刷屋も、安かろう悪かろうの単なる出力屋に成り下がっていて、印刷の色が合わないなんて当たり前。発送ミスや製本ミスも日常茶飯事。
クライアントにも、レーザープリンタで印刷したカンプ(出力見本)と色が違うといってくるのはまだ理解できるとしても、安いインクジェットプリンタで出力した校正用のPDFと色が違うなんていうクレームをつけてくるような人もいます。

色にこだわるのなら数万円の色校正代をけちらないで欲しい。印刷物の価値も価格も下がる一方です。

ネット印刷会社の中にも、しっかりとした対応で、色校を出せばキレイに仕上がってくる印刷屋もありますが。

そんな、安さ最優先のネット印刷では、ポスターを印刷すると、基本的に小さく折りたたんで納品されます。

衝撃です。

雑誌に綴じてある付録のポスターならいざ知らず、オリジナルで作ったポスターに折り目を入れるなんて。
納品時すでにキズもの。

ところが、これが標準。丸めて納品すると長尺物になって配送コストがかかるので、安くするために折りたたんでしまう。
せっかく刷り上がったポスターを折りたたんでしまう印刷屋も印刷屋ですが、配送代をケチって見栄えの悪い折り目の入ったポスターを作り、コストダウンできたと喜ぶクライアントもクライアント。

帆風やTooのような出力屋で、B2とかB1ポスターを出力するのに、はじめのころは1枚8,000円〜くらいかかっていました。
いまは、10枚20,000円〜、単価2,000円くらいで印刷できちゃう。

そこまで印刷コストが下がっているのに、さらに発送代までコストダウンしたがる。そんな渋いクライアントの仕事、いくらやっても儲からない。

大抵、予算がないといって制作費をたたいてくるクライアントに限って、写真が暗いだの、色が気に入らないだの、色校を見なければ見分けが付かないような修正をやたらと入れて、ムダな作業をさせる。そのくせに折り曲がったポスターを受け入れる。価値観がよくわかりません。

広告業界に入ったばかりの頃は、クリエイターはもちろん、お客様も、もっと印刷物を大切に扱ったものです。
余分に刷ったサンプルの、角を折り曲げることすら言語道断でした。

ポスターの保管も、丸めることさえ御法度。
恭しくも、のし餅のごとく広げたままで、ポスター収納用大型マップケースに大切に保管していました。

ヤフオクでポスター落札して、折りたたんで送ってきたら、100%クレーム確定ですよね。

制作費、印刷費が激減し、広告効果も得にくくなってきた紙媒体。

ネット印刷会社への発注によるコストダウンは、時代の趨勢として仕方がないものとしても、せめてポスターは折りたたみ禁止にして欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です