パワハラで訴えるのは、仕事のできないヤツばかり。デキるヤツは、自分で道を切り拓く。

職場のパワーハラスメントの定義
職場のパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義をしました。
この定義においては、
・上司から部下に対するものに限られず、職務上の地位や人間関係といった「職場内での優位性」を背景にする行為が該当すること
・業務上必要な指示や注意・指導が行われている場合には該当せず、「業務の適正な範囲」を超える行為が該当すること
を明確にしています。

1)身体的な攻撃
暴行・傷害
2)精神的な攻撃
脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
3)人間関係からの切り離し
隔離・仲間外し・無視
4)過大な要求
業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害
5)過小な要求
業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
6)個の侵害
私的なことに過度に立ち入ること

 

パワハラが職場をダメにする。

パワハラを一言でいうと、職場でのいじめ。
電通でも自殺者が出て、大変な社会問題になっているのは周知の通りです。

ですが、現実には、パワハラを笠に着て、どれだけ無能な人たちが、業務の足を引っ張っていることか。

一生懸命仕事を教えても、できないヤツはできない。
一生懸命仕事をしても、ダメなヤツはダメ。
しかも、できないくせに一生懸命やらないで、
仕事に文句ばっかり言っている奴らがごまんといる。

ところが、「パワハラ」なんていうくだらない定義があるおかげで、そんな人たちに向かって、「あなたは仕事にむいてない」といえない。

コピーライターやデザイナーの仕事は、できなかったらそこまで。
受けた仕事は、命がけでカタチにしなければいけない。
それがクリエイターの責任であり、存在意義であり、時間に縛られることなく、できるまでやるのが本懐。

ところがパワハラなんていう定義があるが故に、時間の切り売りでしか仕事をしておらず、さらに生産性も志も低い人たちに対して、「ちゃんと仕事をしろ」と言うことすらできないのが現実なのです。

パワハラなんて、できる人の足を引っ張るだけ。

社会なんて、仕事なんて、そんなに甘いものではないはずなのに、ゆとり教育で甘えて育ち、社会に出てからもパワハラに守られてぬるま湯づけ。
決して怠け者ではないのだけれど、頑張れるハードルが異常に低くて、すぐに諦めて他人に頼る。
ちょっとでもノルマがキツイと、あっという間にブラック企業扱い。

あくまでも仕事ができないヤツに限ったゆとり批判です。ゆとりでもできるヤツはできる。

搾取される側がイヤなら、搾取する側に回ればいいのに、それの能力がないから、結局搾取される側にいながら批判することしかできない。
虐げられるのがイヤなら、自分の力でなんとかするしかない。
それが自由で平等なわけで、無能なヤツと、有能なヤツとで富(生産性)を折半したら、平等じゃない。

なんにもしなくていいから、せめてできるヤツの足を引っ張らないで欲しい。

なのにそんな奴らほど、何かあるとすぐにパワハラで訴え出すからたちが悪い。

会社は、仕事ができないヤツなんてすぐにクビにしたいけど、解雇は社会がなかなか許してくれないから、ガマンして雇い続けてやってるのに、それを逆手にとって会社を訴えるようなバカがいっぱいいるから、本当にたちが悪い。

ちなみに私は一社員。経営者ではありません。

パワハラなんていう呼び方、やめたほうがいい。

パワハラで労働基準局に訴えても、法的に裁くシステムを持っているわけではないので、業務改善の指導がはいるくらいで、根本的な解決をしてくれるわけではありません。
実はなんの拘束力もないのだけれど、なんだか抑止力になってしまうパワハラなんていう定義は、なくしてしまったほうがいい。
会社に寄生するバカが増えるだけ。

ハラスメント=いじめ

なんていう曖昧な基準で語るから、あったの、なかったの、もめるわけで、そもそも“いじめ”なんていう中身のない言葉はなくしてしまうべき。

はじめから状況に応じて、

暴力

恐喝

名誉毀損

といった、法で裁くべき罪に問えばよいわけです。
何かあったら、即警察に通報。解決策はこれだけ。

「ちゃんと仕事やっているのに、上司に“できてない”って言われて、精神的苦痛を受けて、鬱病になりました」

って訴えられても、誰がどんな基準で判断するんだろう。

時間内に仕事が終わらず残業が続くのは、会社の所為ではなくて、多くの場合は時間を無視して仕事に注文を付けてくるクライアントの所為で、往々にして日本の商習慣に原因があるのに、会社(上司)に責任を負わせたところで解決すると思っているのだろうか。

スキルが低いがために簡単な仕事ですら時間内に終わらせられない人に、無駄な残業代を払っているのにも関わらず、残業させ過ぎといって行政指導が入る。

かと思えば、「帰れ」といっても帰ろうとせず、いつまでもダラダラ仕事をしている社員に対して、「帰れ」と言うことがパワハラにとられてしまう。

クリエイティブなんて時間で仕事をしているわけではなくて、残業というくだらない社会通念を当てはめたところで推し量れる仕事ではないのにも関わらず、残業させ過ぎだと指導が入ってしまう。

コピーを何度も書き直させたり、デザインにダメ出しすることすらできない。

まったく仕事になりません。

当然ひどい上司もいるわけですが、それは法の下にきちんと裁くか、自分の実力で乗り越えていくか、辞めて他の会社に入るか、自分で会社を立ち上げるか。
社会問題ではなくて、個人の問題にとどめておいて欲しい。

 

というわけで私ただいま、あんまりにも仕事っぷりがひどい部下に指導をしたがために、パワハラで訴えられかけています。

おかげで胃炎になりました。

ハラスメントをでっち上げられるというハラスメントを受けている、ハラスメント・ハラスメント=ハラハラで、こっちが訴えたいくらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です