リオ・パラリンピック全22種目。東京オリンピックが発祥。

オリンピックがお金儲けのビジネスとして膨れ上がっているのとは裏腹に、パラリンピック手でスポンサーの支援を受けている選手はほとんどいなく、国からの公的支援も、個人の手に届くにはほど遠いのが現状です。
正直いって、障害者スポーツを見るということをどう捉えればよいのか、かなりの葛藤もあります。
それでも、真剣に取り組んでいる障害者アスリートのパフォーマンスは、スポーツとは別次元での感動、さらには自分ももっと頑張らなくちゃ、という勇気を与えてくれます。

無関心からは、なにも生まれません。

まずはリオパラリンピックを見ること、応援することから、はじめてみましょう。

 

もうひとつのオリンピック=パラリンピックは日本が発祥地。

パラリンピックという言葉が生まれたのは、実は1964年東京オリンピックにて。
しかも、当時の国際身体障害者スポーツ大会運営委員会(現:日本障害者スポーツ協会)が、愛称として使用したのが始まりです。

リオ・パラリンピックを応援しよう!夏季大会、全22競技。

9月7日〜9月18日、第15回夏季パラリンピック開催。
本大会からカヌーとトライアスロンを新競技として採用され、全22競技によって競われます。

 

車椅子アスリート・土田和歌子さんの凄さ。20年以上第一線で活躍。

夏季で5大会連続、冬季と合わせて8回のオリンピック代表出場、現・女子選手のマラソン世界記録保持者。土田和歌子さんを応援しよう!

1998年 長野冬季パラリンピック:アイススレッジスピードレース/100m・500mで銀メダル、1000m・1500mで金メダル

2000年 シドニーパラリンピックの車いすマラソン 銅メダル

2004年 アテネパラリンピック:車いす陸上競技/5000mで金メダル、フルマラソンで銀メダル

2007~2011年 ボストンマラソン車いすの部 5連覇

2008年 北京パラリンピック 5000mレース中にアクシデントによる怪我で棄権。当時テレビのニュースで知った時は、このまま引退されてしまうのかと思っていましたが、その後も現役を続行。

2010年 ロンドンマラソン 優勝

2010年 ベルリンマラソン 優勝

2012年 ロンドンパラリンピックでは日本選手団主将として出場していますが、転倒の影響で5位に終わっています。

2013年には、12年ぶりに自身の持つ女子選手のマラソン世界記録を更新。

 

パラリンピックとの出会い。無関心からは、なにも生まれない。

アトランタ・パラリンピック支援のためのボランティアで、新聞広告を作らせていただいたことがあります。

 

障害者を営利目的に利用した日本パラリンピック株式会社は善か悪か。

かつて、障害者スポーツ運営の窮状を見かね、資金集めのための営利団体として立ち上げられた、日本パラリンピック株式会社という会社がありました。

 

 

パラリンピックを観戦しよう!

スカパー!が24時間専門チャンネルを開局。

リオ2016パラリンピック競技大会
放送日:2016年9月7日(水)~9月18日(日)
チャンネル:スカチャン0(CS800/プレミアムサービス580) 他
視聴方法:スカパー! のいずれかのチャンネルまたはパック・セット等の契約者は無料で視聴可能

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です