日本、欧米化、中国化、ネパール化の現実。憲法改正しても戦わずして外国人に占領される。

コンビニに行けば中国人、牛丼屋に行けばネパール人、イラン人にタイ人、ベトナム人。

生活のありとあらゆるシーンで、外国人の姿を見ることは珍しいことではなくなっています。

高齢化による労働力の減少、大変な仕事に就きたくない人たちの増加によって、海外からの労働力に頼らざるを得ないのが現状。
留学生という名目で、次から次へと労働力を輸入しているのが現実です。

留学生大けが 会社と工場長を書類送検


まともに日本語が通じないのだから、今後もこういった事故は続出します。

様々な工場にて、言語がわからなくても稼働させることができるように、オペレーションの簡略化も進められています。

そして、この波はおさまるどころか、さらなる少子高齢化によって加速の一途をたどるのみ。

2018年以降、大学は進学する世代が激減し、大学は再編成を余儀なくされています。

2020年には、女性の過半数が50歳となり、子供を産む世帯も激減。

人口は減少し、1億人を切るのは時間の問題。

子供を議会に連れて行きたいとか、働きながら子育てしたいとか、子供を産むと働けなくなる世の中を変えたいとか、高学歴なキャリアウーマンが叫んでいますが、子供を産むことよりも仕事を選んだバカ女たちのせいで少子化は加速。それを社会の所為にするのなら、シングルマザーで一生懸命子供のために身を削っている女性はなんなのか。
金も名誉もあって、それでも子供がジャマだから仕事ができないといってまわりに毒を吐いている自己中心的ワガママ女たちのせいで、子供を育てる大変さだけがクローズアップされ、子供を持つ喜びや大切さは置き去りに。若者たちのマインドに飛び火して、日本の未来は失われてしまいました。

労働者の不足分を外国人に頼ることにより、日本の独自性は失われ、秩序は乱れ、美徳は消滅し、犯罪は増加。

レコードがCDに、VHSがDVDに取って代わられたように、はじめは徐々に、あるタイミングで一気に、気がつくと日本は外人だらけの国になるのは確定路線です。

チャイナタウン、コリアンタウン、ブラジリアンタウンetc
今もすでに、過疎化が進む地方都市では、外国人コミュニティの顕在化によって、その国の人たちとの共存を余儀なくされています。
そして、郊外の過疎化がさらに進む中、日本の外国化は止まるところを知りません。

中国人の資本家は日本の土地を買い漁り、どこの大学も少子化によって減少した学生を補填するためにグローバル科を新設して留学生を受け入れまくり、企業は足りない労働力を補填するために外国人労働者を受け入れまくる。

そして2020年の東京オリンピックでは、観光立国という建前の元、日本を外国人で溢れかえらせようとしています。

すでにどの観光地へ行ってもお土産売り場は中国人仕様だし、大型家電量販店からユニクロ、ブックオフ・ハードオフまで、外国人で溢れかえっているし、半ば外国人に占領されている様相を呈している日本。

教育者は日の丸や国歌を軽んじ、政治家は隣国をはじめとした他国による暴挙に対して毅然とした態度を取らない。

日本の国土を守るため、憲法9条改正の論議をしていますが、とっくの昔に中から侵略されていることを、どうして誰も気付かないんだろう。

50年もしないうちに国民の2.5人に1人が70歳を超えます。

その頃には“日本”とは名ばかりの、植民地になっていることは間違いありません。
生活インフラだけはどの国よりも整っていますから、そこに暮らす人が入れ替わればいいだけ。

民族を保つための子孫を残すことは、母として、女としての最大の役割。
母となることを否定し、それを国や男の所為にして正当化した、欧米に踊らされているだけのインテリバカ女たちが先導して、種を保存するために一番大切なことぶちこわしてしまいました。

大いなる母がいなければ、国家を、民族を、家族を滅ぼすことになるのは自明の理なのに。

今世紀中に、日本人が日本人としてのアイデンティティを失うことは、残念ながらもはや避けられない既定路線です。

旅するように、暮らしたい。「MILESTO」 中国最大級ホテル予約サイト!【Ctrip.com】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です