記憶力と年齢は関係ない。40代からでも遅くない、脳の活性化を高める方法。

ものを取りに来たはずなのに、何を取りに来たか忘れる。

人の名前や芸能人の名前が出てこない。

会話に「あれ」や「それ」が多くなった。

立った瞬間に、やろうと思ったことを忘れてしまう。

置いたはずの場所に、ものがない。

3回は会わないと、人の名前が覚えられない。

カタカナ語が、何度読んでも頭に入ってこない。

住所や電話番号が、暗記できない。

年齢を重ねるごとに自信がなくなる記憶力。
さらには認知症への不安も。

私の住む町では、毎週末になるとかなり高い頻度で、防災無線放送が流れます。

赤いカーディガンを着た、00歳の男性が、行方不明になりました。
お心当たりのある方は・・・

認知症で徘徊して行方不明になってしまった人を探すための呼びかけです。
大抵、70歳〜80歳の人が多いのですが、一度50歳の男性が放送されたことがあります。

明日は我が身・・・身につまされる思いです。

お酒を飲むたびに記憶をなくし、脳細胞が破壊され、記憶力までが失われていくよう。
そのくらい、びっくりするほど記憶力が低下しています。

ところが、記憶力は歳とともに衰えるものではないそうです。

覚えようとする環境ややり方が、昔とは違っているから。

子供の頃は、覚える対象だけを必死に頭に入れようとしていましたが、今では雑音が多すぎて、集中力が散漫になってしまいがち。
記憶すること以外の情報まで、同時に頭の中で処理しています。

おかげで、脳の収まるべきところに、きちんと情報が定着しない。

記憶力を高めるプロセスをきちんと踏めば、何歳になってもかつてのパフォーマンスを発揮することができるのです。

最近物忘れがひどくて・・・

そんなあなたのために、記憶力を高めるために必要なポイントをお伝えしたいと思います。

ポイント1 視覚に頼る

脳の中の記憶を司る部位を海馬(かいば)と呼びます。
海馬を活性化させるためには、空間的な情報による刺激を与えることが一番。
文字だけで記憶するよりも、図やイラストといったビジュアルを見ながら記憶するほうが圧倒的に脳に情報を刻むことができます。

記憶する物に関わるビジュアルだけでなく、記憶する場所を替えることで、視覚的な情報が変わり、脳に定着しやすくなります。

例えば机で一生懸命覚えようとするよりも、ぶらっと公園に出かけて覚えようとすることで、記憶力はぐんと高まります。

ポイント2 感情で刷り込む

感情を司る脳の部位は扁桃体(へんとうたい)と呼びます。この扁桃体は海馬のすぐ近くにあって、扁桃体が活性化すると、記憶を司る海馬も一緒に活性化します。
なので、感情の変化をともなう記憶は、強く、長く残ります。
普段から感情に変化を付けるのはしんどいと思いますが、感情を込めて音読するだけでも、記憶力はグンとアップします。

ポイント3 睡眠を取る

もともと、本来の1〜2%暗いしか使っていない脳。脳自体は疲れることがありません。
疲れが顕著に表れるのは目。
疲れたと思ったら、目に頼らずに、耳で聞いたり、声に出して見ることも有効です。

また、記憶を定着させる上で、実は睡眠が大きな役割を果たしています。
寝ている間に、覚えたことを脳が整理しているのです。
記憶した直後よりも、記憶して睡眠をとった後のほうが語学のテスト結果が良い、という実験結果もあります。

暗記は寝る前に行って、しっかりと睡眠をとる。それが記憶力アップに直結するのです。

ポイント4 繰り返す

記憶の50%は4時間で失われ、24時間経つと約70~80%が失われてしまいます。
とはいっても、24時間以内に何度も繰り返さな蹴れば覚えられないわけではありません。

実は、すぐに失われるのは意識上の記憶だけ。

無意識の記憶は残っているので、復習することによって、記憶は定着してくれます。
ただし無意識の記憶も1度学習しただけでは1ヶ月程度で失われてしまいます。
最低でも1ヶ月以内に1度は復習しておく必要があります。

ポイント5 やる気を保つ

感情を司る扁桃体が活発化すると記憶力がアップするのはお伝えしたとおりですが、記憶力を高める上で最も重要な感情が『やる気』です。
やる気がない状態ではなにも記憶できません。
やる気を出す上で一番重要なのは、実際に記憶するという作業をはじめることです。
作業を始めると、脳内の側坐核という部位が活発に動き出し、自動的にやる気が高まっていきます。
そのためには、作業を細かく区切ることが大切です。
普通にやってもなかなかやる気が高まらないのは、1つの作業に時間がかかりすぎるからです。
まずは、3分くらいで終わることから取り組んでみましょう。
それを積み重ねることで、簡単にやる気を高めることが可能です。

記憶力を高めるために。

記憶力の低下を招いているのは、年齢ではありません。
覚えようとする意識が、若い頃よりも低くなっているから。

意識を高め、自分の能力を信じることで、飛躍的に記憶力は向上していきます。

いつまでも惚けることの内容に、脳をしっかりと活性化させておきましょう。

 

初回980円(税込)!記憶力に自信がなくなってきたら、このサプリ>>詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です