腐女子の後を追いかけて。おそ松さん第3期を待ちわびるコピーライター。

子供の頃は、バカボン、ひみつのアッコちゃん、もーれつア太郎といった、赤塚不二夫原作のアニメには、大変お世話になりました。

とはいえ私も40歳をとっくに過ぎて、バカボンのパパの年齢を超えてしまった今、なぜおそ松さんなんだ?という疑問と、あのギャグはもはや現代に通用するわけがない、と否定的な思いしか感じませんでした。

まったく興味がなく、見る気もなかったのですが、あまりの人気っぷりにちょっと気になり、毎週録画予約。

13話から見始めたのですが、メチャクチャすぎて何が起こっているのかわかりませんでした。

後から知ったのですが、13話が一番攻めていた回だったようです。

バカボンも破天荒な物語でしたが、破天荒を通り越して狂ってる。意味不明。理解不能。思考回路ショート。

シュール過ぎたり、下ネタ過ぎたり、いまどき過ぎたり、もはや大衆受けなんて狙っていない。

シコ松ってなんだよ。

ずっとマージャンやってる回があったけど、誰がわかるんだよ。

最終回9回裏、とと子ちゃんクソ過ぎるよ。

遅ればせながら、すっかりはまってしまいました。

おそ松はパチンコと競馬好きのバカ。

カラ松はサングラスを掛けてカッコつけてるバカ。

チョロ松は真面目で気弱なバカ。

一松は根暗で自虐的なバカ。

十四松は天然のバカ。

トド松は末っ子の甘え上手なバカ。

6人ともニートで童貞、いまどきのクズ。

腐女子が人気を牽引しているようですが、腐女子だけのものにしておくのはもったいない。

けれど、子供には絶対に見せてはいけません。答えられない質問攻めに遭うこと間違いなし。

まずは1話から、見てない分を借りてきて見ている間に、秋になる前に、3期目の放送がリリースされることを楽しみにしています。

というより、いまのアニメの1期・2期みたいな変なシステムに乗っからないで、「ちびまる子ちゃん」とか「サザエさん」のように、毎週ず~っとやればいいのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です