auの学割天国でiPhone7を新規登録。次世代スマホの姿が見えた。

娘の高校入学と同時に契約したiPhone6が2年の更新月を迎えました。
早いもので、高校生活最後の1年です。
そんな娘のiPhoneですが、ガラスがバキバキに割れてしまっていたので、auショップに機種変更をしに行きました。

いまどきの携帯ショップは、契約の説明にタブレットを使ったり、サインもタブレットでできたり、全部オンラインで管理されていて、システムは洗練・簡略化されているはずなのに、なぜか超めんどくさい。以前は10分ぐらいで終わった手続きが、2時間近くかかります。

朝イチで行ったのに、いつまで経っても見積もりが出ない。やっと出たと思ったら、機種変更するよりも学割天国を使うと新規の方が安いということで、2種類の見積もりを提示されました。
実際には毎月のデータ利用量が7Gから3Gになり、しかも3Gを超えると自動で料金が上がります(一応お知らせが届くそうですが)。5G以上で2,000円アップ。7Gだって足りないのに、5Gなんて絶対超えます。学割天国を利用すると、データ利用量に応じて料金が変わるというのはネットで調べて知っていたのですが、そこまでの説明はありませんでした。

auの正規ショップに行ったのに、すっかり悪質な詐欺商法を展開していました。

さらに、iPhoneなのにアンドロイドのタブレットとのセットを勧めてくる。
iPhoneとアプリがシェアできないのに意味がないといって断ると、今度はiPad mini4のセットを勧めてきます。
どちらにしても、iPhone7だけの契約より、なぜか月々の支払いが100円程度安くなるらしい。
データ利用量が共有なので、タブレットを使って5Gを超えさせようという作戦なのでしょうか。

以前はウオーターサーバーを勧めてきたり、J:comだっていってるのにauひかりを勧めてきたり、いらない有料アプリを勧めてきたり、クロスセル(関連商品を購入させること)が多すぎてうんざりだったのですが、今度はアップセル(上のグレードの製品・サービスを購入させること)をガンガン勧めてくるので、ちっとも契約が進みません。

iPadからiPadmini2まで歴代のiPadを使い倒し、やっぱりタブレットはいらないと思って、ブックリーダーだけの用途としてkindleを使用していたのですが、うっかりiPad mini4のセットを契約してしまいました。

もちろん帰ってすぐにモバイル接続をオフにして、WiFi 環境でしか使えないようにしました。ポケットWiFiは持ってませんが、今やどこでもWiFiが飛んでいるので、あんまり困らないはず。

そしてメインのスマホですが、娘には、動画はWiFi環境でしか見ないで、大きいファイルも4G環境ではダウンロードしないで、データ利用量が3G/月を超えないように、と言い聞かせ、iPhone7を新規で契約することにしました。

新規契約にすると、当然電話番号とケータイのメアドが変わるのですが、娘は別に困らないといいます。

今ではすべてLINEでやりとりしていて、メアドもGメールを使っているので、電話番号もメルアドも使っていないということでした。

 

iPhone8の噂がそろそろ出はじめています。
最新モデルが登場するたびに新しい機能と不要な機能が、開発され、淘汰され、洗練されてきています。

おそらく何代か先のiPhoneからは、電話機能が削除されているのではないでしょうか。

追記

iPhoneの新規登録への変更、電話番号とメアドが変わっても、まったく困らないはずだったのですが、一点だけ、大変なことを見落としていました。

LINEのアカウントが引き継げなくなってしまったのです。

LINEアカウントを引き継ぐ際に、LINEに登録していた電話番号に、認証コードが書かれたSMSが送られます。
ところが前のスマホを解約してしまったので、それを受信することができなくなってしまいました。

事前に手続きをしておけば引き継げるようなのですが、機種変更のつもりでいたので、すっかり忘れていました。
おかげで、娘はLINEのアカウントを新規で作り直すハメに。友だちやグループは復帰したものの、購入していたスタンプや溜めていたポイントがすべて失われてしまいました。

電話番号よりも、LINEのアカウントを失った方が、よっぽどダメージが大きかったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です