iPhone 7、9月発売。今度は3機種か?Pro登場のウワサ。

いよいよ4ヶ月先に迫ったiPhone7。

アップルオンラインストアがWe’ll be back.になって、
ジョブズのプレゼンテーションをワクワクしながら深夜まで待ちわびて、実況しているサイトをチェックして、朝イチでホームページとオンラインストアの更新情報を見て、即予約。
なんていうのも今は昔。

ちょっとググっただけで、リリース前にほとんど、新しい機能、性能、デザインがわかってしまう現在。
新商品発表の感動も喜びも、まったく失われています。
それでもやはり情報を追いかけてしまうのは、Macが好きの習性。

 

海外テクノロジーサイトMobipickerによると、今年発売される新しいiPhoneはすでにPegatronとFoxconnの工場で製造が開始されているそうですが、気になるのがそのラインナップの新情報。

次期iPhoneは、「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」、そして「iPhone 7 Pro」もしくは「iPhone 7 Plus premium」といった3種類のラインナップになるそうなんです。

 

Proってなんだ?

12.9インチになるのか?

18Kゴールドのケースになって100万円越えするのか?

さらに高解像度になるのか?

Siriの声が初音ミクになるのか?

これ以上どんなバリエーションができるんだ???

 

Mac Fanの記事では、5.5インチディスプレイ、デュアルカメラ搭載、ヘッドホン端子が廃止され、現行のiPhone6s Plusと同じ本体サイズのモデルが「iPhone Pro」と紹介されています。

デュアルカメラを搭載してない、ヘッドホン端子を廃止してないiPhone 7って、ほとんど新機能ないじゃん。

というわけで、Proというからには、こうなったら嬉しいという新機能を、無責任に考えてみました。

サイズの大型化

7.9インチ、iPad mini 4サイズのiPhone。
iPhoneがでかくなったのか、iPadに電話が付いたのか。
Bluetoothのヘッドセットで通話するようにすれば、でかくても、鞄の中に入れたままに入れたまま通話できるので問題なし。
もちろんApple Pencil対応。

音楽プレイヤーとして進化

Apple Musicと合わせてハイレゾ対応。
ヘッドフォンもハイレゾ仕様のハイエンドな商品をセット。

高画質化

超高精細5K対応。
それにともない、バッテリーを超高容量化。
容量も500GB〜1TBまで大容量化。

特別仕様

iPodのU2バージョンのような特別仕様、テイラースイフトバージョン。
1989 – Taylor SwiftのCD&ミュージックビデオがすべてインストールされ、特別仕様のみのConnectで最新情報やSpecial LIVE映像等をゲット。

 

PC化

投影式キーボードで、操作性を最大限に拡大。
HDMIでモニターに接続することで、PCなみのパフォーマンスを発揮。
PC離れ激しい若者のための簡易PCとして。

 

どれも実現可能だけれど、iPhone7ではムリだろうなぁ。

中途半端に大きいサイズが追加されるだけだっら、ちょっとがっかり。

 

 

ちなみに、まだまだ不正確な情報が多いので、今後もしっかりチェックしていきたいと思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です