コピーライターにはなれても、キャッチコピーは簡単には書けません。

キャッチコピーを書くのって、しんどい。

 

ただひたすら、しんどい。

電車に乗っていても

ご飯を食べていても

テレビを見ていても

原稿用紙のまえでも

布団のなかにいても

風呂に入っていても

お酒を飲んでいても

 

キャッチコピーが出来上がるまでは、頭の中で言葉がぐるぐる回り続けて、気が休まることがありません。

「さぁ、書くぞ!」

とペンを持って原稿用紙に向かうのだけれど、なんにも浮かばない。

途方に暮れながら、雑誌や新聞やネットやテレビや、なんでもいいから活字や言葉があふれているものから、ヒントを探す。

気がつくと目的からそれて、雑誌や新聞やネットやテレビに現実逃避。

でも、ちっとも面白くない。

という日々が、

「書けた!」

と確信できるまで、、、それは例外なく締め切りギリギリなのですが、、、続きます。

 

 

キャッチコピーを書く時に、考えること。

 

とにかく早く、終わりにしたい。

商品価値のこと

市場動向のこと

ターゲットのこと

競合他社のこと

時代背景のこと

自分が好きなこと

流行りそうなこと

 

考えつく限りのあらゆる情報を頭の中にインプットすると、そこから言葉がぐるぐる回りはじめる。それをぐしゃっとわしづかみにして、言葉としてアウトプットする。

こういうプロセスで思考すれば、必ず正しいキャッチコピーにたどり着ける。

という方法論なんて、まったくありません。

つねに追い込まれた中で、言葉が降りてくるのを待ち続けるしかないのです。

 

 

できた! と思えるキャッチコピーとの出会い。

 

書けない!もう仕事辞めたい!!

あきらめて家に帰ろうと思った時に

トイレのドアノブに手をかけた時に

焼き鳥のいい匂いが漂ってきた時に

居眠りしてしまい夢の中にいる時に

ラジオで大嫌いな曲がかかった時に

そしてお酒を飲んでいる以外の時に

 

できた! と思えるキャッチコピーとの出会いは、いつも突然、訪れます。

キャッチコピーをデザイナーに渡して、デザインに入れてもらって出力を見たときに、自分で書いたにも関わらず、書いた記憶がないこともあります。

 

だからキャッチコピーは、簡単に書けないんだって。

 

本屋やネットでちょっと探せば、キャッチコピーのテンプレートや基本型を見つけることができて、その通りに真似れば、誰でもそこそこキャッチコピーが書けるようになります。

広告する商品や媒体、規模、ターゲットによっては、それで十分なこともあります。

でも、みんながテンプレートで書いてしまったら、もはや言葉は意志も力も失ってしまい、誰にも届かないものになってしまいますよね。

ネットにしろ、リアルにしろ、巷ではもはや、そんなテンプレ・キャッチコピーばかりが目に付くようになってしまいました。

 

さぁ、これからが、コピーライターの本当の腕の見せどころ。

テンプレを超える、新しい言葉探しに出かけなければ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です