甲子園・高校野球は感動の押し売り。高校球児なんてヤンキーだらけ。

私はスポーツが大嫌いです。

でも野球だけは大好きだったのに…

マツコ・デラックスは、TKYO MXの「5時に夢中!」で、「野球部出身者は十中八九、クソ野郎」と言い放ちましたが、今さら何をわかりきったこと言ってるんだろうと思います。

みんな野球少年だった頃。

私の野球の原風景は、小学1年生の時。
友だちのアパートの前の広場で野球をしながら、長島の引退試合を見という遠い記憶が残っています。
放課後は毎日、校庭で野球をやって、土・日は少年野球のチームで練習か試合。私の世代は、みんな野球少年でした。

中学に入ったら当然野球部に入るつもりだったのですが、私の通っていた中学は当時地元で有名なヤンキー校で、野球部はヤンキーの巣窟でした。まじめだった私は、とてもそんなところに足を踏み入れることはできず、早々に野球キャリアをあきらめてしまいました。

野球なんて、身体能力しか取り柄のないヤンキーがやるもの。
という偏見は、その頃から植え付けられていきます。

脳みそ筋肉・体育会系努力&根性論

練習中は水を飲んではいけない。
大きなタイヤを背中にくくりつけて走り込みをする。
ウサギ跳びでグラウンドを回る。

子どもの頃から、そんなことやって何になるんだろうと思っていました。
何にもならないどころか、今ではそんなことやったら身体を壊し、命を落とすことがわかっています。
それを何十年もやらせてきたのが、日本の体育教育です。

ところが、ムダだとわかった今でもやり続けているという馬鹿さ加減。

人間の身体のことをまったくわかっていない人間がトレーニングを行うという非科学的な教育現場。
能力が劣っていても上級生が絶対というヒエラルキーに守られたカースト制度。
成長するためにまったく不要な体罰もなくなりません。

というのも、スポーツマンのほとんどが、脳みそまで筋肉でできているから。
というわけで、私はそもそもスポーツマンが大嫌いです。

高校野球の馬鹿さ加減

私は、清原・桑田世代です。
原辰徳が東海大相模にいた頃、保土ケ谷球場で試合を見ています。

清原はクスリ漬けになって、桑田はへんな子どもを育て、原は女性問題を1億円でもみ消して、いまではみんな、ろくなもんじゃありません。

ドカベン一球さん男どアホウ甲子園野球狂の詩といった水島新司のマンガを読みあさり、高校野球に憧れていました。

でも、なんで坊主にならなきゃいけないのか、その納得いく理由がわからず、高校でも野球をすることはありませんでした。
そもそも神奈川県の公立高校に通っていたので、野球部なんて弱小過ぎて、がんばっても予選1回戦突破が関の山でしたが。

甲子園では、昭和の価値観をそのまま引きずった人たちが、いまだに嘘にまみれた感動を演出しています。

あんなくそ暑いところで野球させなくてもいいのに。
高校生の健康を考えたら、甲子園をドーム球場にしてあげればいいのに。

なんの裏付けもない努力&根性論で肘を壊し、膝を壊し、腰をやられ、高校生で野球が出来ない身体にされてしまった人がどれだけいるでしょうか。

現在は高校生でも年間約50人がトミー・ジョン手術や胸郭出口症候群手術など、投球障害が原因の手術を受けているという。

どうかしてます。

甲子園では、エースが何試合も、何百球も連投することが、感動を誘っていますが、一番大切な成長期に無理なトレーニングをしたことで、一生故障につきあわなければいけなくなるなんて、ばかばかし過ぎ。

投球制限を設けるのは高校生を守るために必要な措置のはずなのに、いまだ検討中。
高校生の身体より、体育会系の伝統の方が大切なよう。

馬鹿な大人に踊らされている高校生がかわいそうすぎます。

でも、その高校球児たちが大人になって、今度は自分たちがやって来たことに疑問も抱かず、指導者となって故障するまでこき使うということを、脈々と受け継いできたわけです。

野球はキライじゃないけれど、そんな高校野球が大キライです。

そもそもみんな下手くそ過ぎるし、感動の押し売り。

体育会系は、極めるほどにクソ野郎

というわけで、マツコ・デラックスがいうところの、「野球部出身者は十中八九、クソ野郎」に異存はないのですが、さらにいうと、「サッカー部出身者は99%、クソ野郎」。

でもサッカー部出身者なんて、サッカー取り上げたら、ホストかチンピラ。
ろくなもんじゃないのは、多くのJリーガーの不祥事をみれば分かります。

さらに柔道や剣道は、極めると、精神修養、ガマンのしすぎで性犯罪に走るし、スポーツなんて身体は鍛えられるけれど、心なんてまったく鍛えらていない。

もちろんリスペクトすべきアスリートも大勢いますが、体育会系人口を分母としたら、雀の涙ほどもいません。

世界に目を向けても、ドーピングしたり、変な髪型にしたり、入れ墨入れたり、人を殺したり、トップアスリートなんてろくなもんじゃない。

手首を骨折していても本塁打 前橋育英、信頼応えた4番

って、これは美談なのか???

やっぱり前時代的、脳みそ筋肉バカ。

 

仙台育英、大阪桐蔭戦での「蹴り疑惑」 日本文理戦でもとネットで騒動拡大

これでもあなたは、高校野球に感動しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です