MacファンによるApple Watchの現時点でのリアルな評価

新しいもの好き、ガジェット好き、何よりMacが大好き。

だから飛びつくように手にして入れたApple Watch。

実際に使ってみて、Apple Watchで何ができるのかというと、その機能のすべてはiPhoneに異存しており、iPhoneでできないことは何もありません。

そしてiPhoneがなければ何もできません。

iPhoneに対するApple Watchの唯一の優位性は、iPhoneに情報が届いたことが即時にわかり、腕をちらっと見るだけでその情報が得られること。

ですが、iPhoneをポケットから出して確認するロスタイムが致命的になるような情報が、そうそう届くことはありません。

リマインダーやカレンダーといったアプリもも対応しているので、ビジネスのマネージメントに使えるかというと、iPadの時もそうだったのですが、Apple Watchとの連携というタスクがひとつ増え、かえって面倒くさいことになります。

さらに、使っていてどうしても不満に思えてしまうのがレスポンス。

Bluetooth&Wi-Fiを介したiPhoneとのやりとりが、つねにサクサクというわけではありません。

腕にはめたままの操作も微妙にやりにくく、ボタンとタッチで操作は感覚的にできるのですが、アプリとインターフェースの連携が洗練されていないので、なかなか思い通りの機能や画面にたどり着けないことも。

そして、一番気になるのが腕を下げているときは画面が消えること。

バッテリーの問題で仕方が無いのですが、腕を上げないと文字盤が表示されない。

その一瞬のタイムラグが、気になりだしたら止まりません。

また、仕事中は邪魔なので机の上に置いているのですが、すぐに画面が消えてしまい、画面を見ようとするたびにコードの入力を求められる。

画面がついたり消えたりするタイミングの法則性もよく分からない。

また、ベルトも色々なデザインのものが追加されていますが、デザイン性で選ぶなら、他にも腕時計はゴマンとあります。

というわけで、帯に短したすきに長し、かゆいところに手が届きそうで届かない、なんともはがゆい使い心地、というのが正直なところです。

とはいっても、インターネットしかり、iPodしかり、スマートフォンしかり、すべての新しいテクノロジーは、はじめの頃って「これ、なにが便利なの?」と思われたものばかり。

Apple Watchもいまは??? なのですが、必ずパラダイムシフトがおこり、新しい価値が生まれることを信じています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です